チャイさんのThailand情報室

Thailand(タイ)やBangkok(バンコク)に関するネタについて 紹介していていきます。

バンコクからパタヤへ 週末観光列車

今回は、newsclipさんの記事、「バンコクからパタヤへ 週末観光列車」のご紹介

です。

 

 【タイ】タイ国鉄(SRT)は3月17日―9月30日の土日に、バンコク

東部チョンブリ県パタヤ市などを結ぶ旅客列車を1日1往復運行する。東部

の観光促進が狙い。

 

 往路は午前6時45分にバンコク(フワラムポーン)駅を出発し、午前9時

13分パタヤ駅着、終点のバーンプルータールワン駅(チョンブリ県)に

午前9時50分に到着する。

 

 復路はバーンプルータールワン駅を午後3時50分に出発、午後6時55分に

バンコク駅に到着する。

 

 バンコク―バーンプルータールワン間の運賃は170バーツ。

 
 
詳しくはこちらへ↓

 

パタヤと言えば、バンコクから南東へ約160キロメートルに位置するビーチ

リゾートとして有名で、日本でいうところの熱海のようなところでしょうか。

 

そのパタヤまで期間限定でバンコクから観光列車が走るようです。

 

そもそも観光列車とは、旅行の目的が「列車に乗ること」

なるような魅力的な列車のことだそうです。ジョイフルトレイン

呼ばれることもあり、また、九州ではD&S列車とも呼ばれるということです。

 

 

通常、バンコクからパタヤまでは、オプショナルツアーを利用して行ったり、バス

タクシー、または、ロットゥーと呼ばれる乗り合いワゴンで行くことが多い

ですが、列車で行くのも楽しそうですね

 

 

タイで電車と言えば、この「メークロン市場」が有名です。

 

www.youtube.com

 

このメークロン市場は、バンコクから約70km西にあり、テレビ朝日

世界の車窓からにもたびたび登場しています。

 

最近は、ツアーなどもありますが、自分で行くのがおすすめです。

 

BTSウォンウィアンヤイ駅からは歩いて10分ほどのところに位置する

国鉄マハチャイ線ウォンウィアンヤイ駅から、1時間ほど列車に

揺られると、マハチャイ駅に到着します。

 

マハチャイ駅を出て、渡し船に乗り、バーンレム駅へと向かいます。

 

ここからまた1時間ほど列車に乗るとメークロン駅に到着です。

 

ウォンウィアンヤイ-マハチャイ区間、バーンレム-メークロン区間の列車は、

いわゆる観光列車ではありませんが、昔、日本で使われていた車両が使われており、

もう日本では目にすることのできない非常に趣のある列車です。

 

一度、メークロンまで足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

↓ ぜひ、クリックをお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



スポンサード リンク↓