チャイさんのThailand情報室

Thailand(タイ)やBangkok(バンコク)に関するネタについて 紹介していていきます。

「最近のタイの大麻事情は???」チャイさんのロッダイマイ?更新しました!

本サイトの移動先

チャイさんのロッダイマイ?」を更新しました。

 

 

タイトルは「最近のタイの大麻事情は???

 

目 次
1. 記事の紹介
2. 違法薬物に厳しい国タイ
3. タイの大麻に関する規制緩和
4. おわりに

 

 

以前も書きましたが、タイは違法薬物に対して非常に厳しい国の一つです。

例えば、日本の大麻取締法では、「使用」関する罰則はないものの「所持」については営利目的ではない輸出入や栽培をすると7年以下の懲役、単純所持の場合は5年以下の懲役となり、覚せい剤取締法においては、営利目的ではない輸出入やでは1年以上の懲役、単純所持や自己使用の罪では10年以下の懲役となります。

 

それに対して、タイでは、これまで大麻については現在も個人的目的はもちろん、医療目的においても大麻の所持や使用は違法であり、最大1年の懲役並びに最大2万バーツの罰金、10kg所持していた場合には、最大5年の実刑判決並びに最大10万バーツの罰金を課せられていました。


この大麻に関するタイの法律を見る限り、日本と比較して、さほど厳しくないように思えるかもしれませんが、タイは、特にヘロインやコカインなどのいわゆるハードドラッグに関する罰則が厳しくなっていて、タイの麻薬法では、製造や輸出入の罪として、終身刑および100万バーツ以上500万バーツ以下の罰金、処分目的での製造や輸出入の罪では死刑、処分または処分目的で所持していた場合には、終身刑および100万バーツ以上500万バーツ以下の罰金、または死刑とされ、女性または責任能力を持たない者に対し脅迫や強要の目的で違法薬物を投与した場合も死刑に処されるようで、日本では初犯であれば執行猶予が付くこともありますが、タイでは最悪の場合、死刑となり、少量の違法薬物を所持していたり、使用したりすると少なくとも3年から5年の懲役が待っています。

 

≪つづく≫

 

詳しくはこちらへ↓

chaysan.net

 
 
チャイさんのロッダイマイ? 

https://chaysan.net/

 
 
こちらでも、引き続き「チャイさんのロッダイマイ?」の更新情報などをお知らせしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

↓ ぜひ、クリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村



「バンコクでミラクル・ショッピング♪」チャイさんのロッダイマイ?更新しました!

本サイトの移動先

チャイさんのロッダイマイ?」を更新しました。

 

 

タイトルは「バンコクでミラクル・ショッピング♪

 

目 次
1. 記事の紹介
2. タイの日系百貨店
3. 百貨店ではないけれど、絶好調なのは?
4. おわりに

 

 

タイでは、日本食をはじめとする日本ブームが続いてる中、2018年11月10日には、バンコクチャオプラヤー川西岸にある大型複合施設「ICONSIAM」内にサイアム高島屋がオープンしました。

 

その一方で、昨年8月31日には老朽化や周辺開発による競争激化などの理由から1992年に開業以来、セントラル・ワールド内で営業を続けていたバンコク伊勢丹が閉店し、今年、1月31日には、MBKセンター内に出店していた東急百貨店MBKセンター店が35年の歴史に幕を閉じました。


現在のセントラル・ワールドの道を挟んで向かいにあるBigCラチャダムリ店があるところには、かつて大丸チャダムリ店があり、バンコク有数のパワースポットとして賑わいを見せるヒンドゥー教祠プラ・プロム(エラワン廟)近くにはエラワンそごうが存在していました。また、ラッチャダーピセーク通りにも東急百貨店があり、現在のバンコクスカイトレインBTS)スクムウィットラインのプナウィティ(Punnawithi)駅の西に位置するパラダイスパークショッピングンセンター内の1階、2階の一部にも東急百貨店パラダイスパーク店がありました。

 

≪つづく≫

 

詳しくはこちらへ↓

chaysan.net

 
 
チャイさんのロッダイマイ? 

https://chaysan.net/

 
 
こちらでも、引き続き「チャイさんのロッダイマイ?」の更新情報などをお知らせしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

↓ ぜひ、クリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村