チャイさんのThailand情報室

Thailand(タイ)やBangkok(バンコク)に関するネタについて 紹介していていきます。

『エアバスA380型機』名古屋―バンコク線・期間限定でTG運航

今回は、Global News Asiaさんの記事、「『エアバスA380型機』名古屋―バンコク線・

期間限定でTG運航」のご紹介です。

 

 2018年4月20ー6月12日までの期間限定で、タイ国際航空(TG)は、

世界最大級の大型旅客機エアバスA380-800型機を中部(セントレア)ー

バンコク線に再び投入する。

 

 午前発TG645便および復路TG644便。この期間に、中部(セントレア)を

離発着するエアバスA380型機は、タイ国際航空のこのフライトのみ。

 

 エアバスA380型機は総2階建て、座席総数は507席(ファーストクラス

12席、ビジネスクラス60席、エコノミークラス435席)。2階キャビンの

前方部分ファーストクラス、その後方にビジネスクラス、そして2階

キャビンの最後部と1階キャビン全席がエコノミークラスとなっている。

 
 
詳しくはこちらへ↓

 

空飛ぶ豪華客船と呼ばれるエアバスA380機がセントレアに帰ってくるよう

です。

 

このエアバスA380ですが、オール2階建てで、標準座席数は555席。

これは通称ジャンボ・ジェットと呼ばれたボーイング747の412席を

大きく上回ります。座席配置をエコノミー席のみにすれば、最大853人も搭乗

することができるとのことです。

 

 

ただ、機体が大き過ぎることや、高価なことなどの効率性の問題から、最近では、多く

の航空会社では、B787A350などの座席数が300~350席の中型機が主に使用

される傾向があるようです。

 

 

タイ航空A380-800のシート図はこちらです。

 

www.thaiair.co.jp

 

 

中型機にはファーストクラスの座席設定がないことが多いのですが、記事にもある

ように、タイ航空のA380-800型機にはファーストクラスが12席あります。

 

 

タイ航空のロイヤルファーストクラスではロイヤルシルク

クラスビジネスクラス)とはちょっと違ったサービスを受けられるようです。

 

 

スワンナプーム国際空港から出発する際には、1番のロイヤルファースト

クラス専用チェックインカウンターが利用でき、水とおしぼりが用意されたソファーに

案内され、待っていると係員の方が全て搭乗手続きを行ってくれます。

 

チェックインが終わると、係員の方が専用セキュリティーレーンに案内

してくれ、セキュリティーチェックが終わると、専用カートロイヤル

ファーストラウンジに案内されます。

 

ロイヤルファーストラウンジでは、隣にあるロイヤルオーキッド・スパ

無料で利用でき、搭乗までの時間をリラックスして過ごすことができます。

 

 

搭乗時間になると、係員の方がゲートまで案内してくれるのもロイヤルファースト

クラスの特徴の一つでしょう。

 

 

 

今回記事にある期間のセントレアバンコクのロイヤルファーストクラスの価格を見て

みると、往復約40万円と通常よりお安くなっているようですが、高いですね。。。

 

頑張ってマイレージを貯めるか、航空券徹底比較『スカイスキャナー』 などで

お得な航空券を探して一度はファーストクラスに乗ってみたいですね。

 

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー) でもお得な航空券の検索ができます。

 

 

また、効率的にマイレージを貯める方法などについても紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

↓ ぜひ、クリックをお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



スポンサード リンク↓