チャイさんのThailand情報室

Thailand(タイ)やBangkok(バンコク)に関するネタについて 紹介していていきます。

ますます日本化するバンコクのコンビニエンスストア

今回は、Global News Asiaさんの記事、「ますます日本化するバンコクのコンビニ

エンスストア」のご紹介です。

 

 2018年2月17日、タイ国内にはコンビニエンスストアが無数にある。

フランチャイズや直営店が入り乱れ、極端には同じブランドのコンビニ

でさえ隣同士に開業していることもあるほど多い。

 

 中でもセブンイレブンは、販売するオリジナル商品を日本のコンビニと

同様な種類を増やしていることもあり、かなり日本化が進んでいる。後発

になるローソンは弁当などが完全な日本食で、タイ人に日本料理がだいぶ

浸透していることが窺える。

 
 
詳しくはこちらへ↓

 

タイには多くのコンビニがあります。

 

以前はほとんどセブンイレブンでしたが、現在ではファミリーマート

も増え、バンコクではローソンも見かけるようになってきました。

 

 

2018年1月末現在、世界のセブンイレブンの店舗数を見てみると、

 

1位 日本   19,979店

2位 タイ   10,268店

3位 韓国     9,231店

4位 アメリカ   8,421店

5位 台湾     5,221店

 

と続きます。この店舗数を見ていると、タイでセブンイレブンが隣り合っていたり、

道を隔てて真ん前にあったりするのもわかるような気がします。

 

 

入り口の扉の横で、お土産物屋?や果物の屋台が営業しているのも

タイのセブンイレブンの特徴かもしれませんね。

 

 

コンビニの偽物には気を付けましょう!

 

www.globalnewsasia.com

 

 

 

 

 

↓ ぜひ、クリックをお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



スポンサード リンク↓